答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

ごめんなはり線

2013年11月09日 | 高知県

13:04発、奈半利発高知行きアンパンマン列車。

 

21:23発、高知発奈半利行きモネの庭号。

 

日ごろ利用している人にとっては、ごくごく当たり前の景色なのだろうが、

好むと好まざるにかかわらず、モータリゼーションにすっかり毒されてしまっている私には、めちゃめちゃ新鮮な体験である。

そんな「ごめんなはり線」での行き帰り。

 

 

こんな人との会話を混じえたりしながら、土佐湾沿いを汽車はゆく。

 

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

            

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

    発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加