答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

JDraf(ジェイドラフ)

2013年10月30日 | 土木の仕事

 

JDraf(ジェイドラフ)を使い始めた。

CADソフトである。

といっても、無料体験版を試してみた上での、永久版の購入なのだから、まるっきり初めて使うわけではない。

 

 

「DWGファイルの作成、閲覧、編集、印刷を必要とする全ての人のために開発された、軽快でプロフェッショナルなCAD」。

だという謳い文句なのだから、見た目も操作性もAutoCADチックである。

これまでの私は、Windowsの仮想マシン上のXPモードでAutoCAD LT2000iを使うという、ややこしいことを、しばらく続けていたのだが、

これを機会に仮想マシンもその中のファイルも全て消去。これでXPモードとも、LT2000iともお別れである。

なんといってもLT2000iは、我が社で始めて買ったCADであり、私が最初に覚えたCADであり、もっとも慣れ親しんだCADなのであるが、きれいサッパリ別れようと思う。

今日からは、JDraf(ジェイドラフ)なのである。

 

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

    発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加