答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

ボチボチいきましょ

2013年10月29日 | 北川村やまなみ太鼓

 

久しぶりに他県から来た大勢の方々の前で演奏する、ということで、ちょっと多目に練習、そして本番。

ひきつづき毎年恒例の神峯神社秋の大祭での奉納太鼓。

終わってみたら、このとおり。ざまあないのである。

手のひらはこんなになるわ筋肉痛だわ・・・ ^^;

ご存知でないかたに念のためお教えすると、「太鼓打ちでござい」などと宣言している人間にとって手の皮が剥けるなどというのは、お恥ずかしい限りなこと(そりゃかつてはバチを血で染めて練習しつづけたこともありましたが)。

嗚呼、いつものことではあるけれど、稽古が嘘をつかないということの裏返しとして、稽古不足もまた嘘をつかないのである。

が、しかし、仕事以外に真剣になれることを、それも他人さまの前で何かしらのパフォーマンスを披露するという、そういう類の趣味を持っているというそのことが、他のすべてにおいて好循環をもたらしているのは、(少なくとも私の精神上)紛れもない事実なのだから、おいそれとやめるわけにはいかない。

ボチボチと、時には厳しく、おおかたは騙し騙し、オジさんは続けていく。

北川村やまなみ太鼓。今月はあと2ステージなのである。

 

     

 

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

    発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加