答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

今日もまたニュースから

2013年10月17日 | 土木の仕事

「来なかった」と言っては安堵し、「通り過ぎた」と言っては胸をなで下ろす。

台風が、自分のところに(を)、である。

あまつさえ、「良かった」などとWebで広言してしまう(私のような)バカもいる。

さすがに、今回の台風26号のように大きな被害が出てしまうと、そこまで露骨な物言いは、厳として慎むのであるけれど、

まこと人間というのは勝手なもので、我と我が身に降りかかってこない災厄は、結局のところ他人ごとでしかない。

しかし私は、降り始めからの累計が800mm以上という雨を(ザワザワというイヤな感じとともに)推量できる人間であり、

あのタップリと水を含んだ土(というか水でもない土でもない、なんだか得体の知れない生命体のようなもの)の重さをリアルに感じとれる人間である。そして、崩れる山が一瞬のうちにそこにあった現実を飲み込んでしまうのを、目の当たりにしてきた人間である(崩落した後なら何度見たか数知れない)。

であれば、彼処で途方に暮れている人たちが私であるかもしれないと同時に、何よりも、彼処で動いているバックホウは私(たち)に他ならないということに、いつもいつでも思いを至らすことができなければ、「土木という仕事」を生業にしている意味がない。

こんなふうにして、まずは我と我が身のことから考えるなぞ、まこと被害に会われたかた達には申し訳ないのだが、ニュースを見ながら、ついそう思ってしまう朝だった。

 

 

  ← クリックすると現場情報ブログにジャンプします

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

         

            発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

               三方良しの公共事業実践中!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加