答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

ドカメン

2013年10月05日 | 土木の仕事

高知県西南部の情報誌『はたも~ら』。

 

 

そこに掲載されたこんな記事。

題してドカメン。

 

 

私たち地域建設業は仕事以外にも地域イベントの裏方・社会貢献活動・災害対応等の様々な活動を通じて地域を守るために存在しています。

幸せ多い地域の創造のために働く若者”ドカメン”を知ってください。

            (記事リードより)

 

ドカタ+イケメン=ドカメン、なんだそうで、そのネーミングの是非はともかく、

何にせよ、ポジティブな情報を発信することが悪いことであろうはずがなく、

到底、ドカメンには成り得るはずもないオジさんだが、ここはひとつ、少しばかりの先輩風を吹かせ、

高知県建設業協会幡多支部連合会青年部という長ったらしい名前の団体の試みを、

応援したいなと、そう思ったのだ。


記事は『はたも~ら』Webサイトからも読めます。

コチラ → http://www.40010.com/mo-ra/index.html

 

 

  ← クリックすると現場情報ブログにジャンプします

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

         

            発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

               三方良しの公共事業実践中!

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加