答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

目で見る安全

2013年09月23日 | 土木の仕事

 

建設業労働災害防止協会(建災防)が発行しているのだから、ご存知のかたもたくさんいるのだろうが、

浅学にして私は知らなかったこのシリーズ。

『目で見る安全』、第1集から第4週までを購入。

https://whk.kensaibou.or.jp/asp/Category.asp?MlIt_G=20011011

写真に写った事例の「どこが良くてどこが悪いか」をわかりやすく解説してくれている。

しかしこれ(というか建災防の教材すべて)、東京都内の人は、FAXもしくはインターネットで申し込みできるのに、東京都以外に住んでいる人間は、建災防各都道府県支部に申し込みしないといけないという注文システムになっている。

「なんだかなあ」と、辺境の土木屋は思うのだな。

 

 

  ← クリックすると現場情報ブログにジャンプします

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

         

            発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

               三方良しの公共事業実践中!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加