答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

第7回全国三方良しの公共事業改革推進カンファレンス(in新潟)

2013年09月22日 | 三方良しの公共事業

新潟県内で放送されているというスポットCM。

 

 

左から、世界をまたにかける才媛、同じく世界をまたにかける凄腕。

そして、辺境の高知の更にそのまた辺境に暮らすいち土木屋、である。

「プロフィール写真を送れ」という事務局のリクエストに、やっぱりこうでなくちゃネ、と”若”に写してもらったヘルメット姿。

まさかこんな風に使われるとは思ってもいなかったのだが、こう並べると、いかにも最初から狙っていたようで、思わず苦笑いした私なのである。




 

  ← クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

 

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

 

 

         

 

            発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

 

               三方良しの公共事業実践中!



コメント
この記事をはてなブックマークに追加