答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

捜索

2013年09月03日 | ちょっと考えたこと

気がつけば、遠近両用メガネが見当たらなくなっていて、記憶をたどって行っても、どうも途中でおぼろげになり、何時なのか何処でなのかよくわからなくなって2週間ほど。

幸い、もっぱらPC作業用にと使っている近々両用メガネがあるので、決定的な痛手とはなっていないのだが、どうも寝覚めが悪くてしょうがない。

だから近々両用とか遠近両用とか使い分けをせずに、もっとシンプルにしておきゃいいのに、と別の私が笑うのだが、この場合そんなことはどうでもいいのである。

「もうホントに物を失くすがやき、アンタって人は」との叱責を覚悟して女房殿に相談すると、「アレ、高かったがで~!」とひと言。

返す刀で「アンタのは、”探す”ってうちに入らんもんね」とバッサリ切り捨て、捜索に乗り出してくれた。

程なくして、彼女の手に握られていたのがコレ。

 

 

くだんの物件はこの中にあった。

たしかに私には見覚えがある。

第60回よさこい祭りに参加する「北川村かしまし娘」の応援にと、お城下へ出向いた日。島根県から参加していたチームが地元の宣伝にと配っていたものである。

 

しかし、なんでこの中に入れたのか?全くもってよくわからない私。

まあイイ。そいつがわかったとして、私の間抜けさがどうこうなるもんでもない。

今度からは、もっと早く女房殿に頼るとしよう (^^)v

 

 

  ← クリックすると現場情報ブログにジャンプします

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

         

            発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

               三方良しの公共事業実践中!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加