答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

「情報を発信せよ」とはいうけれど

2013年07月31日 | オヤジのIT修業

 

高知県土木施工管理技士会主催のCPDSセミナー。

高知県立ふくし交流プラザで開かれた今回で私の出番は終了。

今日もまた、(地域に必要とされる建設業という自覚があるならば)「情報を発信せよ」と90分。

帰路トイレタイムで寄った道の駅で、「ついでに『現場情報』を更新してまえ」と、おもむろにパソコンを開け作業を開始しようとすると、目に飛び込んできたイラスト。

きのうの当ブログに載せた、例のお気に入りの私である。

 

           Chikaさん画

 

「なんやアイツ。エラそうなこと言うくせに、あいつの発信する情報ってこんな情報か?」

と言われかねないので釈明をしておく。

 

「はい、こんなのもあります(いや、もっとくだらないのもあります)」

 

釈明ではない。開き直りもいいところだ。

が、これもまた、「ポジティブに情報を発信する者にポジティブな情報は集まる」(桃知利男)を実践する一環なのである。

長くやってりゃ色々ある。

それもこれも含めて、「情報発信」なのであるよ ^^;

 

 

  ← クリックすると現場情報ブログにジャンプします

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

         

            発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

               三方良しの公共事業実践中!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加