答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

脳ドック

2013年05月22日 | ちょっと考えたこと

妙齢の女性がニコッと笑って私を見たあと、

「”はい”にしておきます? (^^)」と言う。

「?」

とっさに言葉の意味が飲み込めない私が、

訝しげに女性の手元をのぞき込むと、

 

「体に入れ墨(カラー色)を入れていませんか?」

 

という質問に対する、”はい”or”いいえ”のどちらにも丸印が入っていない。

本日の人間ドック。脳ドックの問診票のことである。

他の項目は、すべて”いいえ”にチェックが入っているのだが、どうしたことか、そこだけに抜かりがあったのである。

 

瞬時に意味が飲み込めた私。

思わず、

「あ、入っちゅうぜ、背中に。”泣いてたまるか!”ってね~ (^^)v」

とお茶目なセリフが思い浮かんだのだが、

そいつはぐっと飲み込んだ。

 

しかし、なんである。

「”はい”にしておきます?」がウィットだとしたら、

恐るべしはくだんの彼女、なんだな。

 

 

  ← クリックすると現場情報ブログにジャンプします

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

         

            発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

               三方良しの公共事業実践中!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加