答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

カリスマ庭師、イオンに現る

2013年04月21日 | 北川村モネの庭マルモッタン

 

 

イオンモール高知店にモネの庭が出張しているらしい、と聞きつけ、

ちょっと他の野暮用があったついでに、覗いてみた。

「あら、どうしてるんですか、こんなところで。珍しい」

と庭師ヒゲさんに問いかけられた私は、

「見に来たがよね、わざわざ」と答え、レジの前にぶら下がっているタイトルに目を落とすと、

 

 

 

『北川村モネの庭マルモッタン、カリスマ庭師によるガーデニング教室』とある。

「こりゃまた、胡散臭いタイトルやなあ」

と言いながら、かたわらに立つ北川村観光協会さんの方を向き、

「実物もカリスマっちゅうガラやないぜ」

「カリスマ庭師とか薔薇の魔術師とか、最近ちょっとオーバーじゃないか?」と笑いかけると、

「いや、本当に私はそう思ってますから」と彼女は真面目にキッパリ。

「じゃあ宮内さんは何なんですか?」とヒゲさんに問われ、

「オレは詐欺師で、あんたんとこの○○さんは詐欺師の上前をはねるペテン師よ、ガハハ」

 

日曜日のイオン高知。

雑踏の中でくだらぬ会話を、しかも大声で。

ガーデニング教室の品位と、モネの庭の格調を、落としかねないこのオヤジ。

「関係者ではございません」というような顔をして、早々にその場を立ち去ったのだった。

 

ところでこの催し。土曜日曜の両日とも来てくださったお客さんも何人かおり、大した盛況ぶりだったらしい。

ぜひ北川村モネの庭マルモッタンへも足をお運びくださるよう、切にお願い申し上げるのだ。

 

 

   ← クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

 

          

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

         

            発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

               三方良しの公共事業実践中!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加