答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

そのうちなんとかなるだろう

2013年04月18日 | オヤジのIT修業

このごろは、書けないのである。

毎日ちゃんと書いてるぢゃないか(しかも2つも)、と言うなかれ。

やっとこさアウトプットしている日々なのである。

じつは、いくつかアップしていない稿もある。

しようとして出来ないのだ。

明らかにスランプである。

だが、長くやってりゃそんなこともある。

と思うしかない。

私的経験からいくと、こういう時は、だらだらとでも出力しつづけることが肝要だ。

休んでしまうと、なおさら立ち直りにくくなる。

いや、心配はご無用。

現実の私自身は、別にネガティブでも後ろ向きでもない。

むしろ、視界が良好になってきている今日このごろである。

だが、考えることは多々あれど、文章に出来ないもしくは文章に納得出来ないのだ。

明らかに・・・・・・

いかん、ループしそうだ。

 

そうだ、こんな時はあの人にすがろう。

見ろよ青い空白い雲、そのうちなんとかなるだろう、なのである (^O^)/

 

植木等 / だまって俺について来い (1964) Hitoshi Ueki

 

 

   ← クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

          

           有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

        

           発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

              三方良しの公共事業実践中!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加