答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

春色の朝

2013年04月15日 | 北川村

 

今朝、犬の散歩に出かけようと、家を出た私の目に飛び込んで来た風景。

早く早くと犬は私を急かすのだが、

まあ慌てるなと、ひと声かけた私は、その風景をカメラに収めた。

まるで絵のような春がすみである。

思ったとおりの出来に、「どんなもんだい」と胸を張る私だが、

もちろん、私の腕などであろうはずもなく、ただただ目の前のその景色が良かったに過ぎない。



散歩中、どんどんと靄が晴れてきて、春色の山がその姿を表してくると、なんだか気分がとても良くなってきて、

起き抜けには、「あ~あ、今日からまた仕事か。こりゃ困ったもんじゃ、月曜病ぜよ」などと憂うつな言葉を吐いていたくせに、

「よし!がんばるぞ!!」なんて思ってしまうほどに。

我ながらその急変ぶりがおかしくてたまらないのだが、どっちにせよ、ヤル気になったのだから悪かろうはずがない。

4月15日、高知県安芸郡北川村大字長山字田上の朝なのである。



       

          有限会社礒部組が現場情報を発信中

 

       

          発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

             三方良しの公共事業実践中!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加