答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

ファイト!

2013年04月12日 | ちょっと考えたこと

 

台地からの帰り。海に向かって泳ぐ鯉のぼりを見かけ車を停める。

浮かんできたメロディーは、

♪屋根よりた~か~い こいの~ぼ~り~

ではない。

 

 

 

♪ああ 小魚たちの群れきらきらと 海の中の国境を越えてゆく

 諦めという名の鎖を 身をよじってほどいてゆく

 

なのだった。

それにしても、満島ひかりの「ファイト!」もまたじつに良いと、オジさんは思うのだな。




       

          有限会社礒部組が現場情報を発信中

 

       

          発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

             三方良しの公共事業実践中!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加