答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

トリプルディスプレイで積算する

2013年04月05日 | オヤジのIT修業

 

工事価格を積算する。

こんなとき、トリプルディスプレイは、抜群の威力を発揮する。

使っているのは、ビーイングの積算ソフトGaiaRXだ。

真ん中にメインの画面。

右に歩掛や単価の画面。

左にはメインの画面と連動する役所の設計書。

右向いたり左向いたり、首をふりふり積算に勤しむのである。

こうすると、紙ベースの設計書はいらないのだが、今回からまた、プリントアウトしてデスクの上に置くことにした。

 

 

その時々で気がついたことや、疑問点問題点を書き込むのである。

やっぱりアナログは必要だ。

私がオヤジだからでは(たぶん)ない。

情報発信しかり。プロジェクトマネジメントしかり。

今という時代の仕事はすべからく、デジタルとアナログを融合させたほうが良い。

(やっぱり)私がオヤジだから、かもしれない。

が、そう思うのだな。



       

          有限会社礒部組が現場情報を発信中

 

       

 

          発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

             三方良しの公共事業実践中!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加