答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

散髪

2013年04月01日 | ちょっと考えたこと

 

頭頂部をやっているときは、ジョリジョリという音がせず、

確かな手応えも感じない。

髪質が違うというか、そもそも本数が少ないというか、たぶんどっちもなんだろう。

一週間に一回だったこの作業も、そろそろ間にもう一回入れないと、カモフラージュしきれなくなってきたようだ。

まあいい。

ますます磨きがかかる、ってなもんなんだもの。

 

 

        

          有限会社礒部組が現場情報を発信中

 

         

          発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。 

              三方良しの公共事業実践中!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加