答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

おニュー

2013年03月27日 | 土木の仕事

 

いつだったかの、「この合羽そろそろイカンわ」という独白を聞いていたのだろうか。

「お父さん、合羽、買うてきちゅうきんね」

と女房殿が告げたのは、きのうだったか一昨日だったか。

さっそく真新しい雨合羽に身を包んで、午前中は砂防えん堤の現場で写真撮影係をしたあと、あれやこれやと現場を進める段取り、午後からは本年度最後の完成検査を1件。

合羽を見ながら、「ますます励めよっていう意味だな、こりゃ」と独りごちながら、

ますます励んだ(つもりの)私なのだった。

それにしても近ごろの雨は強く降る。

が、その傾向に反して、そぼ降る雨だった今日。

なにやらこれで波に乗れそうな気配がするのは、長年の経験と勘か、はたまた単純に根拠のない思い込みか。

「気合い勝ちぜよ、気合い勝ち」

と、新品の雨合羽をしげしげながめ、またまた独りごちる私なのだ。

 

 

        

          有限会社礒部組が現場情報を発信中

 

        

          発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

              三方良しの公共事業実践中!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加