答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

ネガティブシンキングと付き合う

2013年03月20日 | ちょっと考えたこと

何かにつけてポジティブな情報発信を言う私はしかし、

ネガティブシンキングな己の根っこと、いつもいつでも付き合いつづけてきたし、今もこれからも付き合っていかなければならない(たぶん)。

そういえばと、吉田さんに教えてもらったこんな言葉を思い出す。

いわく、

「イライラも、あなたの大切な感情のひとつだから、ネガティブな感情をダメだと思う必要はない」

 どちらかと言えば自己陶酔型の私の脳味噌は、こういう言葉にビビッと反応する。

そしてもとより、齢を重ねたら、出来もしない反省なんぞするもんぢゃないということをモットーとする私だ。

陰々滅々になろうなろうとする自分自身を救出する手だては、幾通りか持ち合わせてないと、渡る世間を生きてはいけないのである。

 

今日も今日とて、そんな自分と折り合いをつけながら、前を向く。

悩んだときは、やってみる。

上手くいくときもあれば、失敗するときもある。

だが、まずやってみれば、事態は間違いなく動き出すのだ。

それをして、一か八かと言わば云え。

まったくもって私の体感でしかないが、良い方向に転ぶことのほうが多いのであるよ。

 

 

   ← クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

          

           有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

        

           発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

              三方良しの公共事業実践中!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加