答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

春よ、来い ー モネの庭から(その170)

2013年03月06日 | 北川村モネの庭マルモッタン

 

 

 

あちらこちらにチラホラと、春の兆しはあるものの、まだまだ花盛りとまではいかないモネの庭。

修繕の打ち合わせを済ませたあと、花の庭へ降りてみる。

 

 

全体には、「もうちょっと待ってネ」という感じなのだが、

一つひとつを見てみると、「さあ咲くわよ」てな雰囲気を漂わせている。

 

 

これはこれで、そこはかとない希望を感じさせてくれる。

「春よ、来い」なのである。

 

 

 

 

   ← クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

          

           有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

        

           発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

              三方良しの公共事業実践中!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加