答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

またボチボチと

2013年02月22日 | 土木の仕事

 

皆さんが何度も何度も、「住民への発信」だとか「わかりやすい説明」だとかを繰り返しているその時、

不遜にも私は、「へん、ワシなんか、とうの昔からやってるもんね」などと、内心で鼻を高くしていた。

一週間前、三方良しの公共事業改革推進カンファレンスin大阪でのことだ。

しかし、帰ってきてこのかた、備忘録兼まとめのブログをつらつらと書きつらねているうちに、とんでもない勘違いをしていたことに気がついた。

まったくイイ歳をしてこのオヤジ、バカバカしいにもほどがある。

土木のしごとー(有)礒部組現場情報』。

開設以来4年半以上が経った今、まがりなりにも続けてはいる。

だが、本当に伝えようとしていたのか。どこかのどなたかに、読んでもらおうとしていたのか。

継続のアリバイをつくっているだけだったのではないのか。

たしかに、続けることの困難さは、当の私が痛いほど理解していて、

だからこそ、「内容は二の次、ともかく続けること」を第一義にしてやってきた。

だがそれゆえ、惰性となり、いつしかアリバイづくりに終始するだけになってしまっていたことに気がついたのである。

公共事業の最前線は現場であり、住民の皆さんとの接点も現場である。

その現場の情報をわかりやすく発信する。

もう一度、原点に戻って、仕切り直してみることにしよう。

そしてまた、ボチボチと気長にやっていこう。

一人ひとりが自分の持ち場で、笑顔でたたかえ、えぶりばでぃ。

なのである。



       

          有限会社礒部組が現場情報を発信中

 

       

 

          発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

             三方良しの公共事業実践中!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Googleストリートビューが四国全域に対応したらしいこと

2013年02月22日 | オヤジのIT修業

Googleストリートビューに私が写っている。

聞けば北川村温泉ゆずの宿の前だという。

そんなところはビューできないはずだが?と不審に思いつつ、「安芸郡北川村小島」と検索してみると、

出てきた。

 

 

向こうで作業をしている人たち。

一目見てどこの誰やら了解した私。

もちろん私ではないが、顔にモザイクがかかっているので、一見、そう見えなくもない。

(いや、ヘルメットの色が違いますがなアンタ)

ん?待てよ?

はて?いつからGoogleストリートビューでこんな田舎を見ることが出来るようになったのだろう。

試しに我が社の住所を入れて検索してみる。

 

 

おお、お見事。

愛車マルモッタン号も写っている。

画像を見ると夏。残念ながら私の姿はない。

となれば、と、自宅の住所を入力。

 

 

だが、待てど暮らせど、いっこうにストリートビューは起動しない。

でわ、と、北川村一番の人口密集地、野友付近を見てみるが、同じである。

どうやら、北川村温泉付近以外の北川村はダメのようだ。

がっかりなのである。

ふと、想像する。

例えば私の住み家を検索する。

ストリートビューが起動する。

拡大する。

山の中にイノシシがいる。

個人情報保護のため顔にはモザイクがかかっている。

おもろいやないかいソレ、と独り受ける。


なんにしても、Googleの埒外にある辺境も、なければつまらないのだわ。

 

 

       

          有限会社礒部組が現場情報を発信中

 

       

 

          発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

             三方良しの公共事業実践中!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加