答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

肝(きも)

2013年02月05日 | CCPM

 

我が社の今月の全体計画工程表。

またの名を、全体やりくり工程表である。

そしてこのファイルを、サイボウズLiveへアップした時につけた私のコメント。

 

 

(前略)

最優先は○○工事と□□工事。

△△と××は工期だけを見ればまだ余裕がありますが、今、たたいておかなければ後々しんどくなるので、これも優先されます。

もっとも順調に進行した場合、今月末からもう一班あいてきますが、その場合は××工事に兵力を集中させる。

(中略)

以上が基本線です。
いつものことですが、「つながり」に注視して、あとは臨機応変にやっていきましょう。


他所では「CCPMでマルチプロジェクトをマネジメントする」などと、耳障りの良い言葉をほざく私だが、

そんな大した高等テクニックがあるわけではない。

かいつまんで言うと、私が言いたいことの肝は、そういうことなのである。

だが私に言わせるとそこがまた、CCPM(クリティカルチェーン・プロジェクト・マネジメント)の凄みでもあるのだが。

 

 

   

     有限会社礒部組が現場情報を発信中

 

 

     発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

     三方良しの公共事業実践中!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加