答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

突如、マズローを思い出したこと

2013年01月30日 | ちょっと考えたこと(仕事編)

どこへも行かず一日中会社のなか。

些事雑事をこなすのに汲々としていたのだが、これもまた仕事なれば致し方ない。

だからといって、大局を見誤らないようにということだけは、いつも肝に命じておかなければならないのである。

(よく失敗するんだよなコレが)

何のために仕事をしているのか。

マズローだよマズロー。

と、自分に言い聞かすのだ。



「自己実現理論ーWikipedia」より

自己実現理論(じこじつげんりろん)とは、アメリカ合衆国心理学者アブラハム・マズローが、「人間は自己実現に向かって絶えず成長する生きものである」と仮定し、人間の欲求を5段階の階層で理論化したものである。

  1. 生理的欲求(Physiological needs)
  2. 安全の欲求(Safety needs)
  3. 所属と愛の欲求(Social needs / Love and belonging)
  4. 承認(尊重)の欲求(Esteem)
  5. 自己実現の欲求(Self-actualization)

 

 

 

 

 

  

     有限会社礒部組が現場情報を発信中

 

 

     発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

     三方良しの公共事業実践中!

 

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加