答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

中芸観光びらき「ほげな祭」で太鼓を叩いたこと

2013年01月27日 | 北川村やまなみ太鼓

 

 

わざわざ高知の城下へ乗り込んでのイベント。

中芸観光びらきスペシャル「ほげな祭」である。

中芸地区としては初めての試みだったが、地元でやるのとはまた違った趣きがあって、私は良いと思う。

各町村の皆さんがよってたかって行うという、こういった催しも、たまになくてはつまらないのだ。

もちろん私たちも、「(この冬一番の冷え込みとなった)朝一番目覚めの北川村やまなみ太鼓」という、愛情あふれる出番をもらって、お手伝いをさせていただいた。

 

 

伯母と姪っ子のこの二人、いつ見てもいいコンビである。

(おばちゃん最後はヘトヘトやったけどネ)

 

 

   

     有限会社礒部組が現場情報を発信中

 

 

     発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

     三方良しの公共事業実践中!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加