答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

サイボウズLive

2013年01月23日 | オヤジのIT修業

 

サイボウズLive。

去年の7月から使い始めている。

20名まで無料のグループウェアである。

機能がシンプルでいい。今までも色々試みてきたが、どうせあれやこれやが出来たとしても使わないのだから、シンプルなのがいいのだ。

ウチでは今、これで各現場の報告や、役所への提出提案資料のチェックなどを主に行なっている。

そしてそれがどんな内容であれ、必ずコメントを返すのは私が自分自身に課した役目である。

各自の投稿は皆んな見ることが出来る。もちろん見ないことも出来る。

自分と私とのやり取りにしか使わない人もいるし、積極的に他人の資料をチェックする人もいる(はずだ)。

何をやったってそれはそうなのだから、とやかく言うつもりもないが、どちらがお得かは子供でもわかることだ。

組織とその構成員たる私たちにとって、もうちょっと身になる使い方が出来ないかと、今、思案中である。

なんにしても、高望みしすぎるのは良くないが、惰性はもっと良くないのだ。

 

 

   

     有限会社礒部組が現場情報を発信中

 

 

     発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

     三方良しの公共事業実践中!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加