答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

平成25年北川村木積(こつも)星神社のお弓祭り、つつがなく終了!

2013年01月09日 | 北川村のお弓祭り

平成25年のお弓祭りがつつがなく終了。

 

 

早朝の神事に始まり(といってもこの祭り自体が神事だが)、

夕暮れ間近まで、みっちりと弓を引き続けてくれた弓引きさんたちにまずは感謝。

 

 

 

 

そして、支えてくれた人たち、見に来てくれた人たち、皆さんに感謝。

 

 

 

私たちは伝統をキープする者として存在しているわけではなく、

次の世代に向けてのパッサーとして生きている。

祭りの存続に対する危機的状況は、回を追うごとにその深刻度が増してきている。

だが、延喜の御代より連綿とつづいてきた「伝統のレシーブandパス」のサイクルの構成員として自らが存在していると考えれば、なんだかまたヤル気も湧いてくる。

少なくとも私は、そう思うことにしているのである。

 

 

 

 

   

             有限会社礒部組が現場情報を発信中

 

        発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

        三方良しの公共事業実践中!

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加