答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

村人たち ー 北川村のお弓祭り(その27)

2013年01月07日 | 北川村のお弓祭り

 

稽古の終盤に日曜日が当たるのは、私の記憶ではあまり、ない。

正月三が日は賑わうのだが、4日目からはギャラリーもめっきり減って、弓引きたちも伸び伸び出来る。というのが、いつものパターンである。

しかし、6日目がちょうど日曜日に当たったきのうは、ひょっとしたら今回で一番じゃないかというぐらい、けっこうな数が来てくれて、

そこへまた山芋掘り名人のシゲヲくん(鮎突き名人シゲヲくんと同一人物)が持ってきてくれた自然薯を料理し始め、ああでもないこうでもないと来たもんだから、

弓引きさんたちが、思わず稽古の手を止めて見入ってしまうほどの賑わいとなった。

この、村人のコミュニケーションもまた、「お弓」の風物詩の一つであることを思えば、

年々稽古を見に来てくれる人も減る一方になっている昨今、

車で素通りなどせずぜひ集ってくださいな、と思う私なのだ。

 

 

さあ、本日は昼までで稽古終了。

午後からは星神社で射手全員が集まってリハーサル。

いよいよ明日、1月8日が本番である。

 

 

   

             有限会社礒部組が現場情報を発信中

 

        発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

        三方良しの公共事業実践中!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加