答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

北川村のお弓祭り(その22)ー稽古二日目

2013年01月02日 | 北川村のお弓祭り

 

稽古二日目の今日からは、二度めの弓引きさんとなるM君が加わった。

21歳ながら今回の最年長。

考えてみると、じつにフレッシュな顔ぶれである。

オノレは四度、なおかつ50を過ぎても引いた私が言うのもなんなのだが、やはり「お弓」(お弓祭りのことを地元の人間はこう呼ぶ)は、若いもんでなければ雰囲気が出ない。

元日から稽古を始めた兄弟はどうかというと、それぞれが好対照の気質で、教えるコチラとしてもなかなかに面白い。

かてて加えて楽しいのは、三人ともが熱心に取り組んでくれているその様。

だからこそ、なのだろう。けっこう優秀なのである。

さあ風が出てきたようだ。

午後からは、寒くなりそうである。



    

              有限会社礒部組が現場情報を発信中

  

         発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

         三方良しの公共事業実践中!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加