答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

Wlan AutoConfigサービスが停止している可能性が...

2012年12月24日 | PCのトラブル(とか)

そろそろ来るころだとは思っていたのだが、案の定、である。

何故「そろそろ」かというと、何やかにやアレもこれもと、眼前にやらなければいけないことが、どっさりぶら下がっているからである。

そんなときに限って、誰かがパソコンの不具合を口にする。

そんなもんである。

 

「(無線LANで)インターネットにつながらんがやけど」

「モッちゃんが言うには更新プログラムを更新してないから、らしいけど、そんなことってある?」

「うん、あるかもしれん。ダイレクトに線をつないで更新したら」

と最初はつれない返事の私。

としばらくして、「やっぱりイカン。おんなじ画面が出てくる」。

隣りの席のエースさんとの会話である。

どれどれしゃーないなと覗いてみたら、

 

 

「初期化に失敗しました。Wlan AutoConfigサービスが停止している可能性があります。」


 

「こりゃ本気でやらな」と検索をかけてみると、

 Wlan Autoconfigとは、Windows Vista以降に標準搭載されている、無線接続を行うためのプログラムであるらしい。

さてはBUFFALOのユーティリティソフトと競合しているのか?と思い、クライアントマネージャVをアンインストールしてみるが変化ない。

 この症状、ひょっとしてけっこう重いか?ということで、Googleで、もっとも多くヒットしている解決方法を試してみる。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1146224596

いわく、

 

[コントロールパネル]→[システムとセキュリティ]→[管理ツール]→[サービス]

一覧の中にある”WLAN Autoconfig”をダブルクリックし、”開始”をクリック。

で、開始させることが出来ます。

 

 

いえいえ、出来ません。

そんなに上手くいくわけはないのである。

いわく、


ローカルコンピューターのWLAN Autoconfigサービスを開始できません。

エラー1747:その認証サービスは認識されません。

 

これはどうも、いつかどこかの時点で、Wlan AutoConfigが無くなってしまっているに違いないと当たりをつけた私。

システムの回復を試してみる。

例の、[コントロールパネル]→[システムとセキュリティ]→[バックアップと復元]→[システム設定またはコンピューターの回復]→[システムの復元を開く]、というやつである。

復元ポイントをどこにしようかと、つらつら覗いていると、どうやらあるソフトをインストールしたあたりが怪しく、そこまで戻ってシステムを復元。そして再起動。

と、くだんのエラーは出てこない。

 

「はい、治ったぜよ!」

 

得意げに宣言する私だが、どうも根本的な治療は出来ていないような気がする。

まあイイ。しばらく使ってもらって、ダメならまたやるさ。

なにせ、「何やかにやアレもこれも」、なのだもの。

 

 

         

             有限会社礒部組が現場情報を発信中

 

         

             発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

             三方良しの公共事業実践中!

 

 

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加