答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

マルチプロジェクトをCCPMでマネジメントする

2012年12月22日 | CCPM

 

礒部組、2012年最終週の予定表。

無事乗り切ることが出来るかどうかを思案六法、あの手この手の怒涛の3週間が終わり、

きっちり終わらせることが出来そうな現場や、なんとか軌道に乗せることが出来た現場、淡々粛々と進んだ現場など、それぞれではあるが、ほぼ目標達成。

それもこれも、マルチプロジェクトをCCPMでマネジメントすることの効果なんだろうと、独りほくそ笑む私である。

いつもながら頭の中を巡るキーワードは、「つながり」「優先順位」そして「部分最適の総和は全体の最適とはならない」などなど。


さて、あとは中だるみにならないように気をつけて・・・・・・とかなんとか言ったところで正月休みだ。

たるんでしまうのは仕方がない。というか大いにたるむことにしよう。

年が明けたら、山ほどの仕事が待ち受けているのだ。

ということで来週は、よい正月を迎えられるよう、余裕を持って行こうではないか。

ご安全に!

 

 

         

             有限会社礒部組が現場情報を発信中

 

         

             発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

             三方良しの公共事業実践中!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加