答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

栗を拾う

2012年12月21日 | ちょっと考えたこと

世に、火中の栗を拾う、という。

言わずもがなだが、炎の中にある栗は熱い。

その栗を敢えて拾ってしまおうというのは、まともに考えてみれば、バカな話しなのかもしれない。

だがしかし(イイのか悪いのか良くはわからないのだが)、私は「火中の栗」を拾ってくれるかどうかで、人の良し悪しを判断してしまう。

もちろん、そうではない人を否定はしない。

人生いろいろ、人それぞれだ。

 

よ~く考えてみたら、この言葉は奥深い。

だってそうでしょ、そりゃそうだもの

炎は熱い、が、栗は旨い。

その熱い炎に手を突っ込んだ人間だけが、「火中の栗」という特別な栗の旨さを知ることが出来るのだ。

 

とかなんとかと屁理屈をつけ、おのれの行為を正当化して、自分で自分を納得させる私 ^^;

 

 

         

             有限会社礒部組が現場情報を発信中

 

         

             発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

             三方良しの公共事業実践中!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加