答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

年の瀬にエルシャラカーニ

2012年12月17日 | 北川村

 

こういうのを虫の知らせというのだろうか、 とふと思ったが、

「虫の知らせ」っていうのは悪いときに使うもんだろうが、と別の私にツッコまれてしまう。

 

きのうは何故か、”THE MANZAI”が見たくてたまらず、

さすがにスタートからヨーイドンとはいかなかったのだが、

始まって間もなくから見ていたそのとき、ワイルドカードとやらで突如当然したのは、

我が地区、つまり高知県安芸郡北川村大字長山出身の山本しろうくんと相方のセイワ太一くん。

あのエルシャラカーニである。

思わず、「お~!」と声に出す私。

惜しくもファイナルへは進めなかったのだが、

審査員のラサール石井さんから、「エルシャラカーニ、大好きなんですよ」との言葉をいただく。

 

「おお、がんばっとるじゃないか」と、TVを見ながら独りごちる私に、

おまえもがんばれよ」と、別の私がまたツッコむ。

漫才を見ながら独り漫才をする日曜日。 

 

 

         

             有限会社礒部組が現場情報を発信中

 

         

             発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

             三方良しの公共事業実践中!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加