答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

高知県民はブリの刺身に緑色の”ぬた”をつけて食べる

2012年12月12日 | 高知県

 

高知県民はブリの刺身に緑色の”ぬた”をつけて食べる

というTVプログラムが、いつだったかあった(そうだ)。

写真は昨夜、奈半利町長門で食したそのブリと”ぬた”である。

ここのそれは、ぶつ切りのブリにニンニクを効かせた”ぬた”がたっぷりとかかっていて、

”ぬた”を食ってるんだか、ブリを食ってるんだか、

つまり”ぬた”がメインなのかブリがメインなのか判別しかねるほどに、その”ぬた”が強烈な存在感、つまり旨いのだが、

「やっぱりこれは”ぬた”にブリをではなく、ブリに”ぬた”をつけて食べてるんだろうな」と、

そうこう思っているうちにお通しとしてで出てきたそいつはすぐ無くなってしまい、

相棒をなくしてしまった”ぬた”は、所在なげに皿の中。

注文した刺身の盛り合わせにブリがあるのを見つけた私は、

「これやこれ、これやがな」と、ブリの刺身に緑色の”ぬた”をつけて食うのだが、

刺身用として切られたブリとぶつ切りのブリでは、パンチの効き方がまるで違っていて、

こういうのをして職人技というのだろうかと、感心しきりな私。

「高知県民はブリの刺身に緑色の”ぬた”をつけて食べる」のである。

 

 

         

             有限会社礒部組が現場情報を発信中

 

         

             発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

             三方良しの公共事業実践中!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加