答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

今日までそして明日から

2012年12月05日 | CCPM

 

今月の社内全体の工程表。

我が社の場合、ベースであり、かつエンジンは、CCPM(クリティカルチェーン・プロジェクト・マネジメント)である。

優先順位を見つけ出しマルチプロジェクトをマネジメントする。

と書けば格好はいいが、口で言うほど簡単なことではない。

「CCPMは簡単だ」という謳い文句にだまされてはいけない。

私は難しいと思う。

百歩譲って、そのロジックは簡単かもしれないが、(公共建設工事で)実践するのは難しい。

が、私(たち)には6年に及ぶ(まだ6年だが)悪戦苦闘七転八倒の積み重ねがある。

考えてみれば何だってそうなのだ。

理念やら手法やらを、己と己の環境に落とし込んでいくことに、簡単なものなどあろうはずがない。

がんばろう。

「今日までそして明日から」なのだ。

 

 

吉田拓郎 -今日までそして明日から-

 

 

         

             有限会社礒部組が現場情報を発信中

 

         

             発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

             三方良しの公共事業実践中!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加