答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

平成24年度高知県建設優良工事施工者表彰審査会

2012年11月30日 | 土木の仕事

 

 

 

高知県建設優良工事施工者表彰審査会に2年ぶりに参加。

といっても私は見ているだけで、我が社からは2名が代わり番こにプレゼンである。

最初、司会のおねえさんの説明を聞いていて、現在のような形になったのが平成16年からだと知った。

その当時は、こんなところへ毎年(6年連続)、それも時には2件もエントリー出来るようになろうとは(1社の上限が2件)、それこそ夢にも思わなかった。

なかなか緊張していた両名だが、この緊張、選ばれし者だけが味わえる緊張である。断じて悪いものではない。

さて、結果はどうなるか。

ともあれ、ご苦労さまなのである。

 

 

         

             有限会社礒部組が現場情報を発信中

 

         

             発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

             三方良しの公共事業実践中!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加