答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

ぬらりひょん ーモネの庭から(その160)

2012年11月24日 | 北川村モネの庭マルモッタン

仙台のヒゲブチョーさんから届いたメールに添付されていた写真。

題して、「モネとオジさん、いや、遠野の河童?」なんだそうである。

 

 

 

その写真をFacebookに投稿すると、ほどなくしてこんじるさんから届いたコメント。

「ぬらりひょん?(○0○)」

ぬらりひょんとはこんな妖怪





 

そっくりやし!





 

     「テンよし、ナカよし、シマイよし!」から拝借


こんな味のある写真に、ヒゲの庭師こと川上裕さんと私、「この方達の意気込みと優しさが伝わってくる庭でした」という素敵なコメントを添えて、ご自身のブログでモネの庭を紹介してくれたヒゲブチョーさん。

そんなもったいない言葉をもらいながら、オチャラケテしまうなどと、

まったく私というやつは・・・・・・なのであるな。



         

             有限会社礒部組が現場情報を発信中

 

         

             発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

             三方良しの公共事業実践中!


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加