答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

ほどいてゆけ

2012年10月06日 | 三方良しの公共事業

 

三方良しの公共事業推進研究会総会へ出席のため上京。

一番の収穫はニューフェイスである小野組さんの発表。

その取り組みが、なんだかやたらにまぶしかった。

ひぐまさんのコメント。

皆んな最初はこうだったんじゃないか?と。

思わずうんうんと、激しくうなずく私。

「初心忘るべからず」といえば月並みで、月並みで悪いかと別の私が言うのだが、

その別の私はまた、こうも言うのだ。

だからいつも言ってるだろうが、「諦めという名の鎖を身をよじってほどいてゆく」のだと。

 

 

 

 ←高知県人気ブログランキング

     ← 高知情報ブログランキング 

    

    

コメント
この記事をはてなブックマークに追加