答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

「南海トラフの巨大地震に関する津波高、浸水域及び被害想定」が公表されたこと

2012年08月30日 | ちょっと考えたこと

 

 

早朝からアクセスしようとしているのだが、なかなかつながらない「内閣府ー防災情報のページ」。

お目当ては、「南海トラフの巨大地震に関する津波高、浸水域(第二次報告)及び被害想定(第一次報告)」である。

出社して朝会のあと、やっとこさつながり確認してみる。

 

           都道府県市町村別最大津波高一覧表(満潮位)より抜粋

 

           都道府県市町村別津波到達時間一覧表より抜粋

 

本社のある高知県安芸郡奈半利町は、ケース9とケース11で、最大津波高さが16メートル。

   ※ケース9=愛知~三重県沖・室戸岬沖に大すべり域

    ケース11=室戸岬・日向灘沖に大すべり域

3月31の第一次報告より約4メートルも増えており、この最悪の想定でいくと奈半利町の平野部は、文字どおり野になってしまう。

お隣りの室戸市をはじめとして、これ以上に悪い予測が出ている市町村はいくらでもあって、なかには倍以上のところもあったりするのだが、

この16メートルという数字には、ちょっとショック、いやかなりショックな私である。

それにしても、全国で死者32.3万人という数字は厳しい。

こうなると、藤井聡さんが指摘しているように、西日本大震災というのがもっともふさわしい呼び方なんだろう。

この新想定を受けて我が尾崎高知県知事は、

これ、まさに「国難」ともいえるような厳しい災害だと思うんですよね。だから国を挙げて、これに対する対策を講じていくのが非常に重要だと思っています。FNNニュースより)

と言っておられたのだが、まさにおっしゃるおりであって、そしてそれは、この新しい想定が出される前からすでに指摘している人が少なくないことを考えれば、

まず東日本大震災からの復興、その次に(といいながら並行して)西日本大震災に対する備え、これが政治家の皆さんが優先事項として考え行動するべきことなんじゃなかろうかと、政治向きには素人ながら、私は思う。

私たち地場の中小零細建設業に従事する者が、その際何が出来て何が出来ないか、何をしなければならないか、そのためにはどういう備えをすれば良いのか。それとは別のレベルでの話しである。

  

救国のレジリエンス

 「列島強靱化」でGDP900兆円の日本が生まれる

藤井聡
講談社

 

 

 ←高知県人気ブログランキング

    ← 高知情報ブログランキング 

   

   

コメント
この記事をはてなブックマークに追加