答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

睡蓮が増えてきた ー モネの庭から(その148)

2012年08月01日 | 北川村モネの庭マルモッタン

きのうの朝、高知新聞。

モネの庭で睡蓮が200鉢ほど咲いているという。

「ん?」

6日前、たしかに青い睡蓮は咲きはじめ、青や黄色や赤や白、いつものラインナップが揃ってはいたのだが、池全体を見回すとその数は、なんともさびしい限りであった。

「そんな急に咲くか?」

と思いながら出勤。ほどなくしてヒゲさんから打ち合わせの電話が入り、電話ではなんだからと庭へ。

花にかけて8時7分開園、のはずなのに、入り口のゲートが閉まっている。

「まじめにやろうよ」と文句をいう私に、「8月1日からですよ、あしたから」とヒゲさん。

ま、いいかと池に上がると、

 

 

 

睡蓮はここ何日かで、どんどんと咲きはじめたらしく、大きさもそこそこになってきていた。

遅まきながらこれからが見どころ、まだまだ数は増えていくようだ。

モネの庭は今日から8時7分開園、睡蓮は暑くならないうちに見に来てね、なのだ。

 

 

 ←高知県人気ブログランキング

    ← 高知情報ブログランキング 

   

   

コメント
この記事をはてなブックマークに追加