答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

なによりもいつも、いつも、花を ーモネの庭から(その137)

2012年04月30日 | 北川村モネの庭マルモッタン

 

いったいいつ以来なんだか、しかと記憶にはないのだが、久しぶりには違いない。

2日続けての「モネの庭から」である。

 

 

ひとつだけ見つけた、小さな薔薇。

 

 

レストラン「モネの家」。

入り口に貼ってあるポスター。

 

 

 

昔は「ローマの休日」。今は...「リョーマの休日」。

じつは私、このポスターが大好きである。

名付け親は、あの大橋巨泉さん。

演ずるは尾崎正直知事と女優の白田久子さん。

キャッチコピーにしても画像にしても、その底抜け感がなんとも言えず良い味を出している。

聞くところによると、「知事がノーヘルなのはけしからん」と、とてもとても良識ある方々から非難されているらしいのだが、

なんのなんの。私に言わせりゃあ、近年稀に見る傑作である。


いや違う、今日は隣のポスターだ。

 

 

「なによりもいつも、いつも、花を!」

クロード・モネの言葉である。

 

 

 

 

 

5月1日から5月31日までは花時間。

北川村モネの庭マルモッタンは、8時7分に開園だ。

「なによりもいつも、いつも、花を」なんだな。

 

 

 ←高知県人気ブログランキング

   ← 高知情報ブログランキング 

  

  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加