答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

バックナンバー

2012年04月25日 | ちょっと考えたこと

きのう書いたように、「贈与と返礼」についてこのブログ内を検索してみると、ヒットしてきたのがこの2件。


 『技術の伝達』(2010.12.07)

 http://blog.goo.ne.jp/isobegumi/e/1d831d3cd0df3c698d15240e22217432

 『お弓祭り(2011年)を終えて』(2011.01.10)

 http://blog.goo.ne.jp/isobegumi/e/8145e7d3f5a3428a1deadd3d52367db5


ついでにささっと読んでみた。

「ふ~ん、結構マトモなこと書いちゅうやんか」と変に納得する。

といっても、「私のマトモ」が他人にとってマトモだとは限らず(当たり前のことだが)、

「結構マトモ」だと、思わずほざいてしまった「私のマトモ」は、あくまでも、「私のマトモ」に過ぎない。

かといって、自分の世界に酔いしれてしまうほどには、さすがの私もそこまでナルシストではないのだが、

あの日あの時あの場所で、オノレが何を考え何を書いていたのか、そのことを確かめるためにも、バックナンバーを一度通して読んでみてもいいのかな、とそう思った。

なんとなれば、

「 ブログを書くというのは、将来に向かって、過去の記録を残すことだ」(桃知利男)

であるし、

「経験を振り返りそれを可能な限り言葉で表す。徹底的に追体験することでそれは智恵となる」(田坂広志)のだ。

勉強不足や(悪い)勘違いを含め、こっ恥ずかしくなるのは承知の上で、検証をしないという手はない(ような気がする)。

きのう感じたように、「オマエ結構マトモやったがやんか」という発見もあるだろう(たぶん)。


と、連々書いてしまったが、どっちにしても、毎日毎日真剣な話題を提供しているわけでもなし。

それほど気負う必要もないのではあるがネ ^^;



 ←高知県人気ブログランキング

   ← 高知情報ブログランキング 

  

  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加