答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

春は花の庭 -モネの庭から(その133)

2012年04月03日 | 北川村モネの庭マルモッタン

快晴の日曜日を待ちかねたように、妻とモネの庭を歩く。

7日までは花の庭が無料である。

聴けばどうやら、水の庭や光の庭へ行くのには入園料を払わなければならないというのだから、

思わず「???」となってしまった私だが、村民である私は当然、いつものようにタダである。

 

 

 

 

バッタリと社長夫妻に出あう。

「オマエ一人か?」

「一人でこんなとこ来るわけないでしょう。女房といっしょですよ」

「こんなとこはないやろ、こんなとこは」

いやいやそうではなく、こんな綺麗でメルヘンチックな場所を、ハゲ頭のオヤジが一人で散策しても絵にならんだろうという意味で・・・。

そんなことはさておいて、モネの庭の春といえばやはり花の庭。

花、花、花、なのであるな。

 

 

 ←高知県人気ブログランキング

   ← 高知情報ブログランキング 

  

  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加