答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

そのうち何とか

2012年03月29日 | ちょっと考えたこと

「宮内さんに悩みなんてあるんですか?呑んでも出さんじゃないですか」と言われる。

私のつながりにとって、かなり高いランクにある人である。

「皆んなでワイワイやりゆうときは、そりゃ言わんぜ」と私。

 

じつは、大震災の被災地のある写真を、皆さんに見ていただきたくて、撮影したかたにも了承を得て、

きのうのブログは、それにしようと決めていた。

もちろん、当事者でない私がアレやコレやと訳知り顔で語るつもりもなく、

その写真の持つ意味だけを知ってもらいたい、と思ったからである。

 

それが、である。夕方、書き始めたがどうもダメなのである。

一枚の写真に込められた様々な意味に対して、私が書く一つひとつの言葉のなんと軽いことか。

書けば書くほどヘタレな私が浮かび上がってくるだけなのだ。

そしてまたそれが、己の日常の悩みとリンクして、次第にそちらのウエイトが大きくなってきて、

今度はそっちへシフトチェンジしようとしたが、どうにもまとまらない。

 

「書くんならポジティブにだ」

「どうしてもポジティブになれないときはどうするんですか?」

「そんときゃ書くな」

 

何度も書いているように、桃知さんにもらったこの言葉が私のブログ作法である。

・・・ということで、書けなかった昨日。寝つけない夜。

ま、長いあいだやってりゃあそんなこともあるわなと、開き直る今日。

動いてりゃ「そのうち何とかなるだろう」(植木等)なのである。

ノウテンキに過ぎるかも知れないが、陰々滅々となるよりはるかにマシ。

花は紅、柳は緑。これでいいのだ。


 

 ←高知県人気ブログランキング

   ← 高知情報ブログランキング 

  

  

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加