答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

乱戦模様

2012年03月07日 | ちょっと考えたこと(仕事編)

悪いマルチタスキングをしないようにと、タスクに優先順位をつけて、

次から次へと捌いているかのように他人様には言う私だが、

社内外から入ってくる報告や連絡、役所からの問い合わせを、

「今それどころじゃないんだよ!」と言うことなど滅多に出来はしない。

社内からのそれには、「急ぐのか急がないのか」の質問はすることもあるが、

「下」は「上」の都合で自らの優先順位を容易に覆されやすいることを考えれば、

それすらも安易に口にしてはいけないような気がする。

なんとなれば私は、口を酸っぱくして「報・連・相」を説く人間であり、

その私が報告連絡相談を無碍に断るなど、天に唾する行為に等しいのである。

ましてや、役所からの問い合わせに対してなど恐れおおいことこのうえない。

だから、

「悪いマルチタスキング」をしてはいけないと利いたふうな口をきく私だが、

乱戦模様の真っ只中であがくこともしょっちゅうなのだ。

そんなくせして、

寄るつもりがなかった現場に通りがかり、ふと気が向いて寄ってみて、役所との協議に参加したあと、

「グッドタイミングでした」なんて感謝されると、ついつい気分が良くなって、

また一つ首をつっこんだりするのである。

 

なんちゅうか、ま、そんなもんなのだ。

 

 

 ←高知県人気ブログランキング

 

 ← 高知情報ブログランキング 

 

 

  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加