答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

仙台にて

2012年02月26日 | ちょっと考えたこと

2月26日、もうすぐ日付が変わろうとしている今、私は仙台にいる。

そして明日は岩手へ行く。

明後日はまた仙台で、明明後日は宮城県南の復興工事現場である。

誰に頼まれたわけでもない私(たち)の行動に、厚かましいその願いに、わざわざ付き合ってくださるかたたちがいる。

ホントにありがたいことだ。


わたしがひとつの時代に生きていたという確かな証(あかし)は、わたしが自分の偶然を必然に変えたのだというところに生まれるものだとわたしは思っています。

(『小商いのすすめ』平川克美、ミシマ社、P.214)


とまあ、そうありたいと思うのだ。



 ←高知県人気ブログランキング

 ← 高知情報ブログランキング 

 

  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加