答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

いちばん桜

2012年02月17日 | 土木の仕事

 

「春よ来い、早く来い」とばかりにオリオンビール「いちばん桜」を飲む。

そんなことを、南国土佐の高知のその中でも温暖なこの地に住む私がのうのうと考えている同じその時、

北国の雪による被害は一向に収まる気配がない。

その中で奮闘している同業者さんたちには、頑張って下さいと言うしかないのだが、身体にだけは気をつけていただきたい。

と、4年前に訪れた夕張市で、ある技術屋さんと交わした言葉を思い出した。

「こんな雪の中で仕事出来るんですか?やっぱり北の男はスゴイわ」と感嘆する私に彼は、

「冬は雪が降るのは当たり前ですから」と事もなげに答え、

さらに付け加えて「40度近くなる暑さで仕事するなんて、私らから見れば信じられないですよ。そっちのほうがスゴイ」と言った。

いずれにしても、土木屋は大変な商売である。

そこで、「そんなオマエ、身内びいきだろうが」と言われようと何と言われようと私は言う。

土木屋はエライ!


本当は「建設業者はエライ!」としたほうが良いのだが、私は土木屋だから、あえて「土木屋はエライ!」なのだ。

 

 

 ←高知県人気ブログランキング

 ← 高知情報ブログランキング 

 

  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加