答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

井深大の「小商い宣言」

2012年02月11日 | 読む(たまに)観る

『小商いのすすめ』(平川克美、ミシマ社)を読もうと、Amazonから届いたその本をペラペラとめくってみる。

読む前にそうするのは私の癖であり、たぶん、インターネットで本を買うというスタイルになる前の「本屋で品定め」の名残りなのだろうが、今となってはあまり意味がある行為ではないな、

とかなんとか考えながらペラペラとめくる。

と、ある見出しに目が止まった。

井深大の「小商い宣言」。


1.不当なる儲け主義を廃し、あくまで内容の充実、実質的な活動に重点を置き、いたずらに規模の大を追わず

1.経営規模としては、むしろ小なるを望み、大経営企業の大経営なるがために進み得ざる分野に、技術の進路と経営活動を期する

(『東京通信工業設立趣意書』井深大起草より)

 

有名な文章らしいのだが、私は始めて出会った。

「ほほ~、な~るほどネ」と、声には出さないがそんな感じである。

さて、最初から読むとしようかね。

 

 

小商いのすすめ 「経済成長」から「縮小均衡」の時代へ
平川克美
ミシマ社



 ←高知県人気ブログランキング

 ← 高知情報ブログランキング 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加