答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

軽いジャブ

2012年02月07日 | 土木の仕事

今朝4時から、国道493号は北川村和田から小島までが雨量超過で通行止め。

マイ・スイートホームのトタン屋根は、一向に止む気配がない冬の嵐をよりいっそう強調してくれる(毎度のことだが)。

眠れなくなった私は3時頃から起きてウロウロしていたのだが、どうにも辛抱がたまらくなって災害復旧工事現場へ。

というか、季節はずれの暴風雨に、現場の備えが少しばかり足りなかったのに気づき、何人かを非常招集。

 

 

 

とりあえず目的は果たした。

(電源開発さんが連絡してくれたおかげです。ありがとうございました)

が、暗い中、現場の状態は完全に把握できない。

いったん帰り、再び何人かで現場へ行ってみる。

 

 

想像以上の出水だった。

が、まだまだこんなもんではないな。

「こういう現場なのだよ」という、軽いジャブみたいなもんである(たぶん)。

 

 

 ←高知県人気ブログランキング

 ← 高知情報ブログランキング 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加