答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

現場広報紙

2012年02月05日 | 三方良しの公共事業

 

私が「工事だより」と呼んでいる現場広報紙。

これはウチの会社のものではなく、熊本のNさんにいただいたものである。

いい話しなので紹介したい。

 

「東京と横浜に住んでいる娘たちに送る小包に、餅と一緒にこのチラシを入れてやったバイ」

「そしたら娘たちはこれ見て、懐かしい、と喜んで電話してきた」

 

と、現場近くのそのお母さんが話してくれたのだそうだ。

つまり、「現場広報紙」と一口に言うが、それは何も、字義どおり「現場」を「広報」するためだけのものではなく、強力なコミュニケーションツールと成り得るものなのだ。

という意味で「イイ話し」であるとともに、遠く離れた親子のコミュニケーションのお役に立てたという意味でも、

「イイ話し」だと私は思う。




 ←高知県人気ブログランキング

 ← 高知情報ブログランキング 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加