答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

請け被る

2012年01月17日 | ちょっと考えたこと(仕事編)

近頃どうも、行動や思考に「切れ」がない。

この「パッと見」からか、私のことをパワフルだとかエネルギッシュだとかと評してくださる人がいるのだが、そのじつは、けっこうヘタレなオヤジである。いったん攻めモードになるとイケイケドンドンなのだが、守勢に回るとからきし弱い。

「請けかぶる」という言葉がある。「かぶる」は「被る」だろうと推測する。たぶんこのへんローカルだけの言葉のはずで、今の私のような状態を指す。請けた仕事が思いがけず過負荷になった場合に使う。

どうやら少々、請けかぶってしまったようだ。十分可能だと踏んで請けてはいても、くっついてきた諸々が想像の範囲を超えていた(というよりも、そこまで想像が至らなかったというのが真実)。ステークホルダーが増えるたびに、コミュニケーションの数は倍々ゲームで増えていく。良いコミュニケーションなら、いくら増えてもかえってヤル気アップにつながるが、前が見えないコミュニケーションは徒労感を蓄積させる。そうなると他責の念が芽生えがちである。間違った想定を持ってしまうからだ。

しかし、それなりに齢(よわい)を重ねた今、若い時分のように陰々滅々と反省はしない。こんな時は、他人のせいにせず、逆に他人の情けにすがる。「情けは味方、仇は敵」である。

そうこうするうちに、パッと視界が開けたりする。そういうものだ。

では本日の締めくくりは、久しぶりに例のやつを。


「男はハードでなければ生きていけない。ジェントルでなければ生きているに値しない」

(レイモンド・チャンドラー)

 

 

 ←高知県人気ブログランキング

 ← 高知情報ブログランキング 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加