答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

誕生日の出来事

2011年12月27日 | ちょっと考えたこと


きのうに引き続き、今日も「思いつき」を検証するため、「河原にて」である。

しかしそれにしても、平鍋ほどではないにしろ、池谷の傷跡も相当なものであると、遅ればせながらそう思う。




やはり、いつものことではあるけれど、現場に立ってみて初めて判ることは多い。

生来のフットワークの重さを持っている私のような人間は、だから「答えは現場にあり!」などと、ことさらに自分に言い聞かせていなければ、ついついその、「現場で検証する」という部分をおろそかにしてしまうことがあるのだ。

とかなんとかその他いろいろ。ああでもないこうでもないと考えながら国道へ上がって、歩きながらまた、ああだこうだとツラツラ考えてみる。

対岸にいる測量相手のモッちゃんは、もう引き上げたようだ。



ん?対岸?

「しもうた!ワシ、対岸まで車で行って歩いて川を渡ってきたがやんか!」。

まったく、「不惑」を一回り以上も過ぎてなお、迷いっぱなしのオヤジである。

トホっ。

 

 

 ←高知県人気ブログランキング

 ← 高知情報ブログランキング 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加